MENU

乳首が黒ずむ原因とは?どうしてなるの?

 

乳首はなぜ黒ずんでしまうのでしょうか?

 

 

その原因を調べてみました。

 

乳首はなんで黒ずんでしまうの?

元々乳首は薄いピンク色という人が多いと思います。
それがあるとき黒くなり戻らない・・・と悩みのタネになってしまうんですよね。

 

 

 

 

 

その原因となる1番の理由は『妊娠・出産』です。


 

女性にとっては最大の転機ともいえるかもしれない妊娠や出産ですが体にはいろいろと負担がかかっています。
そのひとつの問題としてあるのが乳首の黒ずみです。

 

 

そんなもの気にしなくてもーーーという人もいるかもしれませんが、ずっとこの色なのかな?と気になるとかなり大きな問題になってしまいます。
個人差はありますが、かなり黒くなる人もいてそういう人には死活問題ではないでしょうか?

 

そして気にしなくてもいいといいながらも気にしているのは男性だったりして「やっぱり乳首はピンクじゃなきゃ」とか言われてしまったら気分は下がってしまう一方です。

 

なぜ妊娠・出産で乳首が黒ずんでしまうのかというメカニズムについて調べてみました。

妊娠による乳首の黒ずみの原因は?

妊娠によって乳首が黒ずむときの原因として挙げられるのは『ホルモンバランスが乱れ』です。

 

妊娠中はホルモンバランスが変化していくことにより妊娠を継続できるのです。
妊娠20週ぐらいからエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがどんどん増加していきます。
この二つのホルモンは乳首の黒ずみの原因でもあるメラノサイトを刺激していき乳首が黒ずんでくると言われています。

 

 

メラノサイトが増えることにより体内の色素沈着が起こりやすくなります。
乳首はもちろん、股の黒ずみやワキなども妊娠中は黒ずみやすくなるという現象がおこります。

 

乳首の黒ずみに関していうと妊娠により赤ちゃんに授乳する準備のため黒くなるのでは?という説も言われています。
赤ちゃんは最初は目がよく見えないため、黒くすることによりおっぱいの位置を確認できるということのようです。

 

 

このように女性のカラダは不思議なもので妊娠や出産により乳首の黒ずみが起こってしまいます。
そして出産を終えるとすぐ治るのかといえばそういうわけでもなく、悩ませてくれる問題になっていきます。

乳首の黒ずみをケアする方法ってあるの?

そんな感じで黒くなった乳首をケアする方法ってあるのでしょうか?

 

 

乳首のケアの方法としてはビタミンC誘導体などを含んだクリームなどを使用してみるという方法が一般的のようです。
乳首専用クリームなども販売されているので、自分の状態によってはそのようなものを使ってみるのもよいかもしれません。

 

 

妊娠中の乳首の黒ずみに関しては一気に黒くなりその後はなかなか薄くならないので不安になる人も多いと思います。
授乳中はなかなかクリームを塗ったりする余裕はないかもしれませんが、育児がひと段落したときにこのようなケア方法をためしてみるのもいいかもしれませんね。