MENU

乳首をピンクにする成分ハイドロキノンって何?効果は?

乳首をピンクにする成分として美白効果のあるハイドロキノンという成分があります。

 

 

実際どのような効果があるのか、どのような成分なのか調べてみました。

ハイドロキノンとはどんな成分なの?

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれる成分で主にシミや色素沈着に使われている成分です。

 

ハイドロキノンはシミが生成されるメラニンの生成を抑えるだけでなく、体内にあるメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)そのものを減らしてくれるという効果もあります。
以前は皮膚科でしか処方されなかったハイドロキノンですが、その効果が認められ市販薬にも改良され販売されています。

 

 

主にシミ対策として販売されているものが多いです。

 

ハイドロキノンの効果とは・・・

 

美白効果

 

肌の色ムラを予防・改善してくれる非常に優秀な美白成分です。
強力な美白効果を発揮し、シミを薄くしたい人はもちろんソバカスなどの悩みがある人にもオススメです。

 

シミ予防・改善効果

 

上にも通じるものがあるのですが、ハイドロキノンはメラニン生成を抑える+メラノサイトを減らす効果があるのでシミの予防だけでなくできてしまっているシミを薄くするという効果もあります。
一般の美白化粧品だとメラニン生成を抑えることはできてもメラノサイトを減らすことはできないのでハイドロキノンの効果が強力であるのがわかります。

 

という効果があります。

 

主には美白・シミ・そばかすの改善というところですね。
効果が強力ということなんですが、副作用などはあるのでしょうか?

 

ハイドロキノンの副作用はあるの?

ハイドロキノンは美白・シミ・そばかすなどに関してとてもよい効果をもたらしますが、効果が強力のため人によっては副作用が出ることがあるようです。

 

 

そんなハイドロキノンの副作用をまとめてみました。

 

ハイドロキノンの副作用とは・・・

 

ハイドロキノンは効果がある反面、副作用を感じている人もいます。
感じている症状としては

 

 

 

 

 

赤み・かゆみ・刺激(痛み)・白斑などがあげられます


 

 

赤み・かゆみ・痛みに関しては肌に合う・合わないというところで副作用が出たりします。
パッチテストをしてから使うことをオススメします。

 

あとは白斑ですが、これは白い斑点のようになる状態のことです。
乳首にも白斑というものができますが、こちらは吹き出物のようになる状態のことです。

 

 

これはハイドロキノンの塗り方をきちんとしない場合になることが多く、容量・塗り方をきちんと守ればできることはありません。

 

ハイドロキノンを使い方の注意点

 

高い美白効果を期待するなら皮膚科できちんと処方してもらうのがベスト

 

低濃度のハイドロキノンから試すこと、いきなり高濃度からしない

 

パッチテストをしてみること

 

妊娠・授乳中は使用しないこと

 

使い方・容量を守ること

 

というのが注意点になります。

 

 

きちんと使い方を守って乳首をピンクにしたいものですね。