MENU

乳首が黒くなる原因のメラニンを減らす方法とは?

乳首が黒くなる原因はメラニンによる色素沈着と言われています。

 

 

ということはメラニンが体内に取り込まれるのを減らすことができれば乳首の黒ずみが減らせるのではないか?ということでメラニンを減らす方法を調べてみました。

メラニン色素とはなに?

 

今回は黒ずみの原因と言われているメラニンについて紹介していきたいと思います。

 

メラニンというと女性なら一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか?
メラニンは肌のシミの原因になるということで化粧品などの紹介でよく聞かれる言葉です。

 

 

日焼けの時にもメラニンという言葉をよく聞きますよね。

 

メラニンというと悪いもののように思う人、多いと思うんです。
実は私もそうでした(汗)
実際のメラニンの働きというと体を紫外線から守ってくれる働きがあるんです。
メラニン色素がストップしてくれなければ体の奥深くのところまで紫外線が入ってしまい炎症などが起こってしまいます。

 

メラニン色素などの表皮細胞ができることにより肌にバリアゾーンを作って守ってくれます。
なので、メラニン色素は決して悪いものではなく肌をまもってくれるかわりにできすぎてしまうとシミや黒ずみを残していくというものです。
とあんまりうれしくないような感じですが、メラニンは悪くないものということなんです。

 

 

なのでほどよくメラニン色素と付き合うことで肌と上手に付き合うことができます。
乳首の黒ずみも本当は肌を守るために必要なことなんですが、そのままにしておくのもちょっと・・・って思いますよね。

 

そこで必要なのが考え方の転換の乳首のケアなんです。

 

メラニン色素の減らし方

メラニンの働きがわかったところで、乳首が黒くなるのも肌を守るためということがわかりましたよね。
下着などの刺激や紫外線から体を守る必要があるので黒ずむことは仕方がないことかもしれません。

 

 

でもできるならあまり黒くならずに済む方法があれば知りたいですよね。

 

 

乳首の黒ずみをケアする方法としては、美白クリームや専用のクリームを使うことがオススメできます。
専用クリームでないものだとビタミンC誘導体が入っているものがオススメです。

 

ビタミンC誘導体はシミにも効果的と言われていて肌のシミも薄くなると言われています。
乳首の黒ずみも薄くなりピンク乳首に近づけることができるでしょう。

 

あとは食べ物などでもビタミンが入ったものを積極的にとるのがオススメです。
先ほどもオススメしたビタミンCはシミを消す効果があるというので積極的にとりたいところです。

 

 

いちごやみかんなど柑橘類に多く含まれているので積極的に摂るようにするといいでしょう。