MENU

乳首が黒くなるのが産後が多い?授乳と関係があるの?

乳首の黒ずみが深刻になるタイミングって妊娠・出産のタイミングが多いのではないかと思います。

 

 

特に産後は真っ黒になる人も多いことからこのまま治らないのではないか?と心配になる人もいますよね。
実際産後に黒くなる人は多いのか、ケアはどうしたらいいのかなどを調べてみました。

なぜ産後に乳首が黒くなるの?

 

実際には産後というよりは妊娠中からだんだんと乳首が黒ずんできます。

 

その理由としていろいろなことが言われていますが、妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れが1番の理由ではないかと言われています。

 

 

妊娠中には女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが増加します。
これらの女性ホルモンが増加すると色素沈着が起こりやすくなり、乳首はもちろん脇や股の部分などに黒ずみが出てきます。

 

 

これは皮膚を守ろうとするメラノサイトの影響でメラニンが多く分泌されるため色素沈着が起こります。
授乳で赤ちゃんにおっぱいを吸われるのに皮膚を強くしたり、赤ちゃんにおっぱいの場所をわかりやすくするためではないかということも言われています。

 

 

赤ちゃんを迎えるために、妊娠〜授乳中は黒くなるのはしょうがないということがわかりましたね。

 

 

産後の乳首の黒ずみは治るの?

 

妊娠中にかなーり真っ黒になってしまう人もいるので、このままなんじゃと思う人も多いと思うんですが産後半年〜1年ぐらいで戻るという人も多いです。
これは出産後ホルモンが順調に戻り、正常になってくると戻ってくると言われています。

 

 

多くの人は治っていきますが個人差があるのでなかなか時間がたっても治らないという人もいるかもしれません。

 

立て続けに妊娠して治るヒマがないという人もいるかも?ですね。

 

気になる人はビタミンC誘導体が入っている美白クリームや乳首の色素沈着を改善するクリームなどが販売されているので育児の間にそれを使ってみるのが効果的です。

 

あまり気にしすぎると育児の間の疲れにプラスしてストレスになりますので、クリームなどを使ってうまくリフレッシュしながら改善していくのがいいでしょう。

 

あとは早くケアしたいからといって母乳から卒乳しようとするのはよくありません。

 

赤ちゃんにとって母乳は免疫機能を作るのにとても大切な栄養源です。ミルクも今は栄養があるものが販売されていますが母乳が出るのに与えないというのはお金もかかりますしよくないので母乳をあげるのは続けてください。

 

 

その間にできるケアもありますし、卒乳してからでも乳首をケアすることはできますので母乳最優先でケアに励みましょう。