MENU

乳首の黒ずみは病院で治療できる?費用は?効果は?

乳首の黒ずみをピンクにする方法として自宅ケアのほかに病院で治療するという方法もあります。

 

 

どのような治療法があり、費用などはどのくらいかかるのかなど気になることはいろいろありますよね。
そんな疑問な部分を調べてみました。

乳首の黒ずみをピンクにする病院での治療法

 

乳首の黒ずみを治すために病院ではどのような治療を行うのでしょうか?

 

病院で行われる乳首の黒ずみ治療とは・・・

 

病院で行われる治療としては

 

トレチノインとハイドロキノンなど美白効果のあるクリームを使う

 

レーザー治療

 

というのが多いようですがほとんどは塗り薬の処方が多いようです。

 

美容外科や皮膚科を受診すると思うんですが、病院で処方されるものは市販のものよりも効果が強いものが多いです。
しかし即効性には個人差があるので、病院だから強い薬だから早く効くというものではないかもしれません。

 

 

病院に通う際のメリットは

 

適切なアドバイスを受けることができる

 

市販品をいろいろと買って試さなくてもよい

 

肌荒れなどが起こっても対処してもらえる

 

というところがメリットです。

 

やはり自己流ではなくきちんとアドバイスをもらえる点と肌荒れなどのトラブルが起きたときの処置をしてもらえるというのはうれしい点ですよね。

 

 

病院に通う際のデメリットとしては

 

料金が高い(1回あたり3万円程度が相場)

 

乳首を医者に見せなくてはいけない

 

という点ですね。1回あたり3万円程度かかり、月に1〜2回通うようになり3カ月程度は通うことになりそうなので10万円以上はかかりそうです。

 

 

費用の面で病院に通うということはなかなか大変だなという印象です。

 

乳首専用クリームがオススメです。

 

 

 

 

病院に通う以外には自宅でケアするという方法があるんですが、市販の乳首専用クリームもなかなか使い勝手がいいと評判なんです。


 

料金的には5000円〜1万円ぐらいで販売されていて約1か月分のものが多いです。
期間的にはどのくらいかかるのかというのは個人差があると思うので一概には言えないのですが3カ月程度から半年、1年かかるという人もいるかもしれません。

 

 

自宅でいろいろなことを気にせずにこっそりとケアできるというのが人気の理由です。
美白に有効な成分がたっぷりと入っているものもあり、効果も期待できるものが多いです。

 

 

 

 

3カ月で効果が出るなら病院1回分の料金で済みますし、自分で様子を見ながらケアできるというのもうれしいところです。

 

いろいろな商品が販売されているので、特徴を調べてみて自分に合うものを選ぶというのもいいかもしれません。