MENU

乳首の黒ずみは若い人のほうが多い?理由は?

乳首が黒ずんでいる人は若い人が多いなんて言われています。

 

 

実際のところ乳首の黒ずみは若い人に多いのでしょうか?
多い年齢層はどこなのでしょうか?

 

乳首が黒いのは遊んでるのが原因!?それで若いと黒いと言われちゃうの?

 

乳首の黒ずんでいる女性に対して『遊んでんじゃないの?』なんていう許しがたいウワサがあります。

 

 

 

 

 

実際にそのようなことはなく遊んでいるから乳首の黒ずみが起こるということはありません。


 

乳首の黒ずみが起こる原因として多いのが、

 

ホルモンバランスの乱れ

 

下着などによる摩擦

 

などがあげられます。

 

ホルモンバランスの乱れが1番起こるのが若い時期

 

生理が始まったり、妊娠・出産などホルモンバランスの変化が起こる時期というのは10〜30代という若い時期が多いです。
その間は体の中のメラニン色素も活発に働くため、乳首だけでなくワキや股などの黒ずみに悩む人も多いです。

 

 

妊娠時は体が赤ちゃんを守ろうとどんどん変化してくるため、乳首が黒くなるのではと言われています。
乳首が黒いことで赤ちゃんがわかりやすいなんていう説もあるぐらいです。

 

 

あとは下着による摩擦も黒ずみの原因ではないかと言われています。
若い人はいろいろな下着を付けることもあり、サイズがあってないものをつけることもおおいかと思います。
(年配の方でもいるとは思いますが・・・)

 

 

自分にあっていない下着をつけていたりすると摩擦が起き、黒ずみが起こります。

 

黒ずみは嫌なものであって悪というイメージもあると思いますが、多少のメラニンは体を守るために必要なものです。
なので黒ずみができることは仕方がない!ではどうやって治そうかということなんです。

 

乳首の黒ずみを改善する方法とは・・・

乳首の黒ずみを即刻改善したい!!という女性は多いですよね。

 

 

 

 

改善方法としてよく取られているのは『美白クリーム』を使うということなんです。
美白クリームの中でもハイドロキノンという成分が入っているものを選ぶのがポイントです。


 

ハイドロキノンの働き

 

ハイドロキノンはメラニンも最も薄くする成分として注目されています。
もともとは皮膚科などでシミの治療に使われてきた成分です。

 

皮膚科でしか処方されなかったハイドロキノンですが、いろいろ改良が重ねられ家庭用の化粧品にも用いられるようになりました。

 

 

ハイドロキノンはメラニンが黒くなる原因のチロシナーゼの活動を抑える働きがあり、しみや黒ずみを抑える効果が期待できます。
なので、美白クリームも選ぶ際はハイドロキノンが配合されているものを選ぶのがポイントです。

 

 

 

他には乳首専用の黒ずみ改善クリームも販売されています。

 

これは乳首の黒ずみに特化したクリームなので、肌にも優しく即効性のあるものも販売されています。

 

 

悩んでないでまずはクリームをためしてみませんか?